ライブチャットの種類と人数

Posted on

ライブチャットとは、パソコンとWEBカメラ、マイクを使用して、ネットを介してリアルタイムな映像でやり取りするコミュニケーションツールです。
ではライブチャットの種類について紹介します。

ライブチャットの種類

ライブチャットの種類は、大きく分類すると、ノンアダルトとアダルトに分けられます。
ノンアダルトとは、言葉通りアダルトな要素がない健全なライブチャットだと言えます。
基本的に女の子とのおしゃべりを楽しむネット版キャバクラとイメージするといいでしょう。

またキャバクラの派手なメイクやドレスが苦手、アルコールが飲めないという男性もいますよね。
そんな人であれば、ライブチャットの方が自分の部屋でリラックスした状態で好みの女性とおしゃべりを楽しむ事が出来るのでお勧めです。

アダルトは、ライブチャットの中でエッチなプレイを行ってもOKです。
女の子に洋服を抜いて裸を見せてもらったり、オナニーをしているところを見る事が出来ます。
当然ながらノンアダルトとアダルトでは、料金設定が異なり、エッチなプレイが出来る分、アダルトチャットが料金が高く設定されています。

最近はノンアダルトとアダルト以外に、ミックスという種類が登場しました。
ミックスとは、ノンアダルトとアダルトの中間という位置づけです。
そのためアダルトよりも料金設定は安いけれど、どこまでエッチなプレイを応じてくれるのか、その基準がサイトごとにバラつきがあるので、当たり外れが激しいと言えます。

ライブチャットの人数

ライブチャットは、2人で行う2ショットチャットと、複数で行うパーティーチャットがあります。
2ショットチャットでアダルトな事を行い、パーティーチャットは複数で会話を楽しむ。
そんなふうにイメージする人もいるかもしれませんが、現実は逆のケースが多くなっています。

ノンアダルトでは、1対1で会話を楽しみ、アダルトチャットでは、複数の人が女の子のエッチなプレイを堪能する訳です。

なぜかというと女性も1人に対して脱いでオナニーを見せるよりも、複数の相手に対して脱いでオナニーを見せる方が、同じ労力で効率よく稼ぐ事が出来るためです。
男性の方はアダルトで2ショットを選ぶと料金が高いので、少しでも安くエッチなプレイが見たいとパーティチャットを選ぶ傾向があるので、需要と供給が一致していると言えます。

関連する記事